サポーター募集

錦織良成監督は、心の扉を敲く人 日本人のDNAに直接呼びかけ、「日本の心」を目覚めさせます。

夜の山

現代の日本人は、黒船以来、近代化、富国強兵で坂の上の雲を見続け、終戦後は、欧米化、都会化、経済至上主義で、約150年間、自然との共生、家族愛、地域愛等の「日本の心」を忘れています。
錦織良成監督は、「日本の心」、「日本の原風景」、「日本独自の文化」を企画の中心にして活動を続けています。
錦織良成監督の映画は、人の心を動かし、社会にも影響を与えます。
今ならまだ間に合います、「日本の心」は日本人のDNAに深く刻み込められています。「日本の心」を目覚めさせ、「日本に生まれて良かった」、「自分や家族、地域社会を誇りに思う」人々を増やし、日本を、日本人を元気にします。

出雲勾玉 入会案内

錦織良成監督の映画を見ると、ホッとして、心が温まります。同時に、何故か不思議と涙が流れます。
錦織良成監督は、「日本の心」、「日本の原風景」、「日本独自文化」を企画の中心にして活動を続けています。映画鑑賞後には、「日本に生まれて良かった」、「日本を誇らしく思った」等の感想も多く寄せられています。錦織良成監督の映画は、人の心を動かし、社会にも影響を与えます。錦織良成監督の映画はすでに全国的な広がりを見せていますが、更に多くの日本人に夢と希望を持っていただくために、皆様のお力とご協力をお願いしたく、この「錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉」への入会をよろしくお願いします。

錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉
事務局長 竹崎 一雄

法人サポーター募集個人サポーター募集
錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉 活動状況

錦織良成監督をささえる会、設立背景

今の日本は、「心の氷河期」にいます。
14年連続で、3万人以上の人が自殺をし、学校や職場でのイジメは無くなりません、高齢者の孤立化、若者の階層化等社会はバラバラになっています。
原因は、明治維新以降、近代化、富国強兵で坂の上の雲を見続け、終戦後は経済至上主義、欧米化、都会化で144年間自然との共生、家族愛、地域愛等の「日本の心」を忘れてしまっていたからです。

残念ながら、今の政治、教育、行政には期待がもてません。
どうしたら良いか?何か出来ることはないか?と悩んでいる時に、錦織良成監督の映画に出会いました。
悲しくないのに不思議と涙が出て、心がホットしました。
「心の氷河期」を溶かすには、心が温まる映画が一番だと感じました。錦織良成監督は、「日本の心」、「日本の原風景」、「日本独自の文化」を企画の中心にして活動を続けています。

錦織良成監督の映画は、人の心を動かし、社会にも影響を与えます。今ならまだ間に合います、「日本の心」は日本人のDNAに深く刻み込められています。多くの人の心を温め、心の温かい人々が世の中の緊張をほぐし、ストレスの少ない、人々にやさしい社会を創り出します。同時に、「日本に生まれて良かった」、「自分や家族、地域社会を誇りに思う」等、自分のアイデンティティーに誇りが持てる人々を育てます。

一人でも多くの人々に、錦織良成監督の映画を見ていただき、心の温かい人の輪を広げて、日本の未来を明るく、元気にしていきたいという思いで、この錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉’を設立しました。
将来的には、世界中に輪を広げ、ストレスの少ない社会、人々にやさしい社会を通して世界平和に貢献していきたいと思っています。

錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉
事務局長 竹﨑 一雄
平成24年9月21日

錦織良成監督の映画を見て、心が温かくなったかたへ。 サポーター募集