活動状況

マイクでお話する監督

平成26年5月
奇跡が起きた!!!!!

5月7日、島根県民会館で、錦織良成監督の最新作「たたら侍」TATARA SAMURAIのキックオフイベントが実施された。HIROさん率いるEXILE TRIBE総勢150人が手弁当でイベントを盛り上げてくれた。普段絶対に見られない、青柳 翔の神楽、元気いっぱいのE-GIRLSパーフォーマンス、錦織良成監督、HIRO, 青柳 翔、AKIRA, NAOKIの5人が舞台上で映画、島根、愛について熱く、熱く、熱く語る・・・・・・・ 最高に楽しい時間でした。
平成26年4月
映画秘宝3月号で、快楽亭ブラック師匠が選ぶ、2013年日本映画ベスト10で、「渾身」が、栄えある第1位に選ばれました。「渾身」は史上最高の相撲映画で、オーソドックスな演出で笑わせ、泣かせ、感動させ、相撲がかくもエキサイティングなエンターテイメントであったかを改めて教えてくれた良心作とお褒めを頂きました。
平成26年2月、3月
2月28日、錦織良成監督がNHKラジオ深夜便に出演し、島根の魅力、自然と文化について熱く語りました。

3月9日の錦織良成監督と島根大学小林学長の対談:古代出雲文化フォーラムⅡ~古代出雲文化と現代の製鉄へつながる“たたら”へのいざない~が広島国際会議場で実施された。

3月23日に出雲市民会館で実施された、「出雲の春音楽祭」を錦織良成監督も応援、音楽の力は無限大! RAILWAYS=49歳で電車の運転手になった男の物語=のテーマ曲が地元の皆様の手によってオーケストラ演奏されることはとても感慨深い!
平成26年1月
島根県内で、出雲勾玉をどう展開するかを錦織良成監督と相談した。錦織良成監督は、新たな映画の準備で大忙しです・・・・

1月29日の監督誕生日(52歳)には、青柳 翔さんとEXILE TRIBEさんから物凄く豪華で綺麗な花かごが送られてきました。
平成25年10月、11月、12月
10月にハノイで上映が実施され、錦織良成監督や青柳 翔さん、その他関係者が訪越し、日本公使やベトナム政府高官が出席し、盛大な祝賀パーティーの後、3日間で延べ1,200名のベトナム人が映画「渾身」を楽しみました。又、錦織良成監督と青柳 翔さんらは、日本大使館や日本語学校を訪問し日越交流を深めました。 11月にはダナンで予定された上映会が、台風30号の直撃を受け12月に延期された。 12月には、まずホーチミンで、日本総領事や日本語学校の校長先生の参加をいただいた歓迎パーティーが実施され、3日間で延べ2,500名のベトナムの人々が映画「渾身」を楽しみ、上映後には盛大な拍手をいただきました。見た人の感想を聞いたところ、ベトナムでは、地縁、血縁が非常に大事で、映画「渾身」には共感できるとのことでした。余談になりますが、ほとんどのベトナム人は日本贔屓で、日本映画といえば「おしん」と答え、映画「渾身」は「おしん」以来だと喜んでいました。 ダナンに移動し、2日間で延べ2,000人の方々に映画「渾身」を楽しんでいただきました。
平成25年9月
日本ベトナム協会から、映画「渾身」を日越交流40周年記念の文化交流として、ハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市で上映したいとの要請があり、直ちに、ベトナム語版を作成した。
平成25年8月
調査によれば、監督の知名度は全国で20%、島根県では70%でした。この結果を基に、今後の活動目標、内容を検討し、まず島根県での会員募集を中心とした活動を目指すことにしました。
平成25年6月、7月
錦織良成監督及び同年代の監督4名の知名度、好意度等を、全国16歳から69歳男女2,500人を対象に調査
平成25年5月
5月10日 出雲大社「本殿遷座祭」に錦織良成監督の家族の皆様と参列、朝から降り続いていた雨は午後になってやみ、夕方には足元が乾くほどに、そして、それは、祭員が無事終了を告げた時だった。ゴーッと風の音が山側から聞こえ、テントの中をサーッと風が吹き抜けていく。その瞬間、ザーッとバケツをひっくり返したかのような雨が葺き替えたばかりの本殿の大屋根に降り注いだ。まさに神懸かり。居合わせたほとんどの人はそこに“神”を感じた。
平成25年4月、5月
映画「渾身」の映画館での上映後、全国のホール営業活動の手伝いで ぼちぼち・・・・
平成25年1月、2月、3月
映画「渾身」の上映を全国規模の応援で ばたばた・・・・
平成24年9月から年末まで
映画「渾身」の試写会やPR活動のお手伝いで てんやわんや・・・・
平成24年9月
錦織良成監督をささえる会 出雲勾玉 設立
錦織良成監督の映画を見て、心が温かくなったかたへ。 サポーター募集